2009年10月03日

タンパク質構造解析に新手法

タンパク質構造解析に新手法

 広島大は、多彩なタンパク質の立体構造を解析できる新手法を開発した。従来は結晶や分子の小さなタイプに限られていたが、構造を調べるため強力な放射光を使うことで、分析範囲を広げた。未知のタンパク質の解明が期待でき、新治療法や薬の開発など幅広い応用が見込めるという。>>続きを読む

 新手法は、タンパク質の状態や分子の大きさに関係なく構造を詳しく推定できるらしい。折りたたみのパターンもわかるのだろうか?分散コンピューティングでやっていたような気がする。

posted by korakorawin at 21:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129465784
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。