2009年08月02日

知事に直撃インタビュー 子ども記者奮闘中

知事に直撃インタビュー 子ども記者奮闘中

 この夏、佐賀県内35校の小中学生80人が”子ども記者”として取材活動を続けている。政治から文化、地域の話題まで自分で見つけたテーマを追いかけ、9月1日の「子ども佐賀新聞特集号」発行を目指し各地で奔走している。>>続きを読む

  県が2013年春までに、民間主体で鳥栖市に開設を予定している最先端のがん治療施設について、「なぜ粒子線がん治療施設をつくろうと考えたのか」「どんな人に利用してほしいか」と質問。古川知事は「九州各地はもちろん、アジア各国の人にも利用してもらい、がんになってもあきらめずに治療し、生きてほしい」などと答えたという。

posted by korakorawin at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。