2009年06月21日

いびつなシイタケ、事前に察知

いびつなシイタケ、事前に察知 森林総研チーム開発

 シイタケのかさが極端に小さくなったり、茎の形がいびつだったりで商品価値を失ってしまうのを防ごうと、事前に発生を予測する方法が開発された。森林総合研究所研究交流室長の馬替(まがえ)由美さんらが成功した。遺伝子レベルの解析方法を応用したもので、民間の種菌会社でも試験的に導入を始めるなど、応用に向けた動きが出始めている。 >>続きを読む

 これで、椎茸の価格は、いくらか下がるのでしょうか?

posted by korakorawin at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121991925
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。