2009年06月14日

自動車「最後の黄金郷」ロシア市場に暗雲

自動車「最後の黄金郷」ロシア市場に暗雲 冷え込む需要

 急成長を続けてきたロシア自動車市場にも、世界的な不況の影響が押し寄せてきた。潜在力を見込んで、日産自動車が新工場を稼働させた一方で、生産を延期したメーカーもある。自動車産業の育成を急ぐロシア政府は、国産車保護にも動く。>>続きを読む

 ロシア政府は1月、国産車保護のため輸入自動車の関税を引き上げた。通貨ルーブル安が重なって輸入車価格は5割増に。また、日本製中古車が強いロシア東部で国産車シェアを上げるため、工場のある西部からの輸送費を国で負担し、国産車購入者向けの低利融資制度も作った。ロシアメーカーには政府が無利息融資を決めるなど、支援に乗り出している。

posted by korakorawin at 21:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。