2009年06月09日

[超ガラパゴス研究会]なぜ“ガラパゴス化”する?

[超ガラパゴス研究会]なぜ“ガラパゴス化”する?答えは「売れていないから」

 ここ数年,IT分野の国際競争力を議論する際に「ガラパゴス」という言葉がよく使われる。ガラパゴス諸島に生息する動植物のように外界と隔離され,独自の進化を遂げた状態を指したものだが,一般にはあまりいい意味では使われない。「日本はガラパゴスだから国際化は無理」という使い方から,そのニュアンスが伝わるだろう。悪しきガラパゴス化の代表例として挙げられるのが,日本が突出して進化した携帯電話だ。>>続きを読む

 なぜ“ガラパゴス”と揶揄されるかと言えば,売れないから。売れれば,誰も文句は言わない。これで結論が出たようなもの。

posted by korakorawin at 13:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。