2009年04月28日

リスニング機器不良、今年は11台

リスニング機器不良、今年は11台に減 センター試験

 大学入試センターは28日、1月の大学入試センター試験の英語リスニングで、解答中に受験生から不具合の申し出があった集積回路(IC)プレーヤー210台(落下などによる交換を除く)をメーカーが検証した結果、製造段階での不良が原因だったのは昨年の15台から4台減り11台だったと発表した。>>続きを読む

 受験生から不具合の申し出があったが、機器に問題がなかったのは195台で、昨年から85台増加。うち受験生が不具合と誤解するなどしたのが116台、再生ボタンの操作失敗が58台、原因が分からなかったのが21台だったらしい。どうせ造っている業者は、文部科学省の天下り先が依頼した癒着業者なんだろう!

posted by korakorawin at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。