2009年03月31日

富士のふもとでサクラエビ天日干し 静岡

富士のふもとに春の美味 サクラエビ天日干し 静岡

 駿河路の春の風物詩サクラエビの天日干しが静岡市清水区の富士川河川敷で始まり、辺りには磯の香りが漂っている。天日干しには雨が大敵。この時期は日差しが弱く、干し終わるのに2日ほどかかるため、好天が続きそうな日を選んで干すという。>>続きを読む

 サクラエビの漁期は資源保護のため春と秋に設定しており、今年の春漁は29日に解禁された。6月初めごろまで続く。由比港漁協によると、初日の水揚げ量は約62トンで、昨年に続き豊漁だったという。

posted by korakorawin at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。